Press "Enter" to skip to content

格安と従来のDM印刷の違いとは何か

DM(ダイレクトメール)を送るさいにネックとなるのがその費用です。現在では家庭用やオフィス用のプリンターが普及しており自身で作ることもできます。しかし、その部数が多くなると時間が掛かりますし、またそもそも家庭用のプリンターであればインク代も割高であるため業者に依頼する方が費用はかかるとはいってもお得です。以前は業者としては町の印刷所に依頼するといった選択肢しかありませんでしたが、今ではインターネットを使って格安で請け負ってくれるところもあるなど費用を抑えることが可能です。特に大量に刷る場合には、インターネットを利用した方が従来の方法と比べて大幅に安くなり、そのぶんだけ費用を減らすことができ、広告宣伝費を削減することができますし、またカラー化するなどしてその効果を高めることができます。

従来の方法と格安の方法の違いはあるのか?

従来の方法も格安の方法も違いはあるのかと言われれば、違いはありません。品質に関しては印刷所で使われるプリンターやインク、用紙によって決定されるもので、従来の方法であっても格安であってもそれが同じであれば品質は変わらないものです。一方で安くなっているにも理由があり、ひとつは全国から注文を受けていることで、スケールメリットを活かして費用を抑えることができます。特に消耗品であり原材料でもあるインクや用紙を大量に購入すれば業者もそれだけ安く原材料費を抑えることが可能です。それに注文が多ければ作業員が効率よく働くことができますから、人件費も最大限発揮することができます。このように効率よく作業が出来ることで費用を抑えて格安で印刷を提供してくれるものです。

DM印刷を格安業者に依頼するメリットとデメリット

DMを格安で作りたいのであればインターネット上の業者に依頼するのも方法です。メリットとしては費用を抑えることができる一方で、原稿をオンラインで送ることが可能ですばやく用意することができます。それにリストを用意すれば発送まで一貫して行ってくれるので、従来の方法と比べると手間なく利用が可能です。またクレーム対応を行っているようなところもあり、DMの作業をすべて外注することが出来ます。デメリットとしては、遠い場所にある場合には担当者の顔が見えないことです。あくまでもインターネット上の商取引となるため、比較的ドライな関係になってしまいます。無駄なやり取りが不要といった場合には問題ありませんが、返って融通がきかないといったことも多く、その点で発注する側はその仕組みをよく理解している必要があります。